埋没法に適した人

顔に触れる女性

手術前にしておきたいこと

埋没法はメスを入れない二重整形で、プチ整形の草分け的な手術です。埋没法にも色々なやり方が考案されていますが、主流なのは瞼板法です。まぶたに二重ラインが形成されるように、眉毛の生え際にある瞼板に皮膚を縫い留めます。これによって目を開けたときにまぶたが折れ曲がって二重に見えます。人によっては糸の結び目が見えることがあるので、それを回避するために独自の手法を編み出しているクリニックも少なくないです。留めてある糸が解けたり糸が伸びてきたりすれば寿命と考えます。持続する期間の目安は、大体3から5年です。1年で取れてしまった場合など、手術のやり直しを行える保証を設けているところもあります。埋没法は誰にでも適した手術とは言えません。まぶたの脂肪が多く、腫れぼったい人は埋没法の持ちはよくないです。埋没法に適した人は、まぶたがある程度薄いことと目を開ける力がある人だと言われています。しかし、糸を留める箇所を増やせば、ある程度の結果は出せます。留める数とダウンタイムの長さ及び整形費用は比例する傾向にあるので、その点は注意したいところです。それから、埋没法の平均費用は8万円ほどとなっています。費用についてはオプションや麻酔費用など他にかかるものはないか、十分にチェックしてください。埋没法にしても切開法にしても、少しでも腫れを抑えるために、二重整形を受ける前日や当日は体調を整えておきます。アルコールを飲んだり寝不足だったりするとまぶたがむくんでしまうので気をつけてください。まぶたにむくみが無いほうが手術しやすく、きれいな仕上がりが期待できます。もしむくんでいると感じたら、冷たいタオルなどで冷やしてみてください。二重整形の申し込みは、カウンセリングを受けてからがベストです。まず電話やクリニックのHPの予約フォームからカウンセリングの予約を入れて、二重整形の方法を相談します。費用や注意点などの説明を受けて、納得したら二重整形手術日を決めてください。カウンセリング当日に入れることも可能でしょうが、一旦家に帰って熟考したほうが安心かもしれません。社会人であれば、ダウンタイムと仕事のスケジュールをすり合わせる必要もあるでしょう。特に切開法ではダウンタイムの長さに考慮が必要ですし、費用がローン払いの場合は支払い計画についてしっかりと考えることが大切です。そして、術後の腫れを少しでも抑えるために、保冷剤などを多めに用意しておくと良いです。また、切開法を受けた場合は手術跡を隠すための眼鏡やサングラスなどを用意しておくといいかもしれません。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】 All Rights Reserved.