憧れの瞳を手に入れる|二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】

憧れの瞳を手に入れる

診察

生まれ変わるために

化粧をすると女性は印象が変わると言いますが、整形でも人の印象をグッと変えることは可能です。特に瞳は印象的なパーツなので、二重整形をすると他の部分を整形していなくてもずいぶん変わったように感じられるでしょう。今は以前よりも簡単に二重整形できる施術方法が多く、短時間であっという間に瞳の印象を変えられますが、いくつか覚えておきたい注意点もあります。まず挙げられるのが施術方法に違いがあり、特徴や完成までにかかる期間も違うという点。糸を埋め込む埋没法の場合手術時間は15分ほどですが、切開する場合は1時間以上かかるケースがほとんどです。手術時間が短ければもちろん腫れや赤みも少なくて住みますし、傷跡もほとんど残りません。しかし、切開法の場合は腫れがひくのに1〜2週間ほどの期間が必要ですし、傷跡も瞳のやや上部分に少しできてしまいます(目を閉じて至近距離で見つめなければわからないレベルといえるでしょう)。しかし、埋没法は4〜6年ほどで二重がとれてしまう可能性がありますが、費用・時間がかかる切開法はとれにくく、二重整形の自由度も高いというメリットがあります。それぞれに費用や時間の違い、特徴があることを理解した上で、自分に合った術式を見つけましょう。瞳の上にメスを入れて二重ラインを作る整形方法のことを部分切開法・全切開法といいます。これに対して、メスを使わず糸を用いた方法を埋没法といい、つくれる二重の形やラインに大きな違いがあります。部分切開法と全切開法の違いは名前からわかるように、ラインに沿って切開するか、あるいは一部だけを切開するかの違いがあり、当然ながら全切開法のほうが瞼への負担が大きいといえるでしょう。そもそも切開法を行うとラインが定着するのには一ヶ月程度の期間が必要になるため、周囲には整形したことが知られやすいかもしれません。埋没法は2週間ほどで安定しはじめて、1ヶ月たつとほぼ完成形に近い姿になるというメリットがあります。また、施術の規模が大きいということは、様々な二重ラインを作りやすいという良さもあり、費用がかかるとも言い換えられるのです。埋没法なら5〜10万円前後ですが、切開法なら10〜30万円ほどの費用がかかることもあるでしょう。しかし、人によって理想とする目の形は異なりますし、費用や時間的余裕も異なりますから、どれが1番良い施術法かを一概に言うことはできません。自分に合った方法は自分と医師とで相談しながらじっくり悩んで、その上で決めるのが最も良い方法です。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】 All Rights Reserved.