まぶたの仕組みと手術法|二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】

まぶたの仕組みと手術法

女性

ラインのデザインを決める

まぶたを開くための筋肉である上眼瞼挙筋は、上まぶたの皮膚近くになると枝分かれします。分かれた後は一方が瞼板に、もう一方が眼輪筋を通って皮膚に繋がるという仕組みです。枝分かれした部分が目を開くと同時に2方向へ引っ張られるため、二重まぶたとなります。しかし、一重まぶたの人は皮下脂肪が多く、枝分かれした片方が皮膚に繋がっていない、もしくは繋がりが弱いために二重まぶたにならないのです。一重まぶたを二重まぶたにする整形手術には埋没法と切開法があり、メスを入れず費用が抑えられていることもあり、前者が高い人気を得ています。埋没法とは、まぶたを開いたときに二重が形成されるように糸で留める手術法です。そして、一般的な埋没法の手術は瞼板法と挙筋法の2種類です。瞼板法は上まぶたの下方に付いている瞼板に糸を留める方法で、ダウンタイムが短く済みます。また挙筋法は、瞼板の上にある上眼瞼挙筋に糸を留める方法で、まぶたの裏に糸の団子が出にくい場合が多いです。切開法では、部分切開法と全切開法が選べます。二重にする予定のラインを1、2センチ切って内部処理をし、縫い合わせるのが部分切開、予定のラインを全て切るのが全切開法です。整形費用は全切開法の方が少し高くなります。日本人は目の周りに脂肪が多いため、西洋人よりも一重まぶたの割合が高くなっています。一重まぶたはエキゾチックな雰囲気を出せるなどメリットはあるものの、冷たい雰囲気に見られるなどの悩みを抱き、二重まぶたに憧れる人は少なくありません。美の基準は人それぞれですが、二重まぶたにすることで自信を持てるのであれば、整形手術を受けるのも一つの方法です。二重まぶたの形にはいくつか種類があり、整形手術を受ける前に希望の形を決めておく必要があります。日本人に似合うとされるのは末広型で、目頭から目尻に向かって二重のラインが広がっていく形です。すっきりとした二重となり、あらゆる人に好印象を与えやいのが特徴です。それから、近年目のラインと平行のラインを作る幅広の平行型が流行っています。目が大きく見えてハーフのような印象をもたらし、アイメイクが映えます。平行型は、幅の調整が可能です。幅を狭くすると大人っぽい印象になりますが、目が大きく見える効果は幅広の平行型と同様です。自分に似合う形が分からなければ、カウンセリングの際にシミュレーション画像を見て比較するのも一案です。形によって整形手術費用が変わることはありません。なお、埋没法の平均費用は8万円、切開法の平均費用は25万円となっています。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】 All Rights Reserved.