二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】
顔に触れる女性

埋没法に適した人

まぶたの厚みが多い人は、埋没法が推奨されていません。糸で留める箇所を増やせば対応できますが、持続期間が短くなる可能性があります。カウンセリングで費用や術後の経過など不安点や疑問点を解消してから二重整形の手術を受けるようにします。

詳しく見る

診察

憧れの瞳を手に入れる

糸でラインを作る埋没法とメスを使う切開法が主な二重整形の方法です。費用はおよそ10万円〜30万円ほどで切開するとなるとやや腫れが残る一方で、瞳に沿った並行二重を作れるという良さがあるため、自分に合った施術方法を選びましょう。

詳しく見る

目元

手術方法はどう選ぶ

まぶたに厚みがある人は全切開法や部分切開法が向きますが、人気がある二重整形手術は、費用が安くメスを入れない埋没法です。二重の持ちは3から5年となっているものの、まぶたの薄い人では10年以上持つこともあります。

詳しく見る

女性

まぶたの仕組みと手術法

まぶたを開けたときの筋肉が瞼板と皮膚2方向に付く人は二重、そうでなければ一重になります。一重は冷たい印象を持たれるなどの悩みがあり、整形することで解消される可能性があります。費用を抑えるなら埋没法、しっかり二重にするなら切開法が適当です。

詳しく見る

目に関する手術について

看護師

手術のメリットとお金

二重の整形手術を考えたことはあるでしょうか。整形手術というのは、一昔前までは受ける人も少なく、大掛かりで費用も高くつくもの、というイメージがありました。しかし、最近ではプチ整形という言葉が流行したこともあり、手軽で費用も安く、簡単なものというものに変化してきました。このようなイメージの変化に合わせて、整形をする人も徐々に増えてきたのです。特に目に関する手術は、多くの体のパーツ部分の中でもトップクラスで実績が多いのです。目は、第一印象を決定づけることもあるとても重要なパーツだからです。特に一重の人は、目つきが悪いと言われる、見た目が暗く見える、というようなコンプレックスを抱えている人が多く、パッチリしたかわいらしい二重に憧れるケースが多く、手術を受ける人も多いです。手術を受ける際には、美容整形クリニックにてカウンセリングを受けてから、予約、手術、術後ケアを行うという流れになります。手術方法にもよりますが、基本的には日帰りで、術後ケアも一週間程度しっかり行えば良いという場合がほとんどです。術後は、基本的に患部を触らず、メイクやコンタクトも我慢し言われた通りの期間を安静にするだけでOKです。これを守るだけで、確かな効果を短期間で確実に得ることが出来ます。二重の整形を受けるにあたって、気になるのが費用についてです。整形手術の費用は、クリニックによって大きく異なります。基本的に二重にするための手術は医療目的ではなく美容目的になるので、保険が適用されず、自由診療になるからです。しかし、費用の面だけを考慮してクリニックを選ぶのは危険です。安すぎるところには、それなりの理由があります。そのためには、相場を知っておきましょう。例えば、メスを使わない、人気の埋没法と呼ばれる手術の場合は、両目で10万円程度のことが多いです。また、切開法と呼ばれるメスを使った方法では、15〜20万円程度のクリニックが多いです。このように相場を知っておくと、過度に高かったり安かったりする場所が分かるので、クリニック選びがはかどります。ホームページや口コミをチェックして、慎重に納得のいくクリニックを探しましょう。また、自分がどの手術方法で整形を受けるのかは、カウンセリング時には決まっていないので、およそ10〜20万程度の余裕をもっていると良いと言えます。この料金を高いと感じる人もいますが、今後のメイク代や二重にするためのテープ代などを考え総合的にみると、それほど高いものとは言えません。お得で快適な二重整形で、自分に自信を取り戻しましょう。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦しよう!【手軽で費用も安い】 All Rights Reserved.